腎臓病も肝臓がんも怖くない|コワ~イ病気を食事療法で迎撃せよ!

笑顔な医

腎臓病の食事療法

水分の摂り過ぎは禁物

医者達

腎臓病には、食事療法が欠かせません。もちろん薬による治療も行われますが、それと並行して毎食病状を悪化させない食品を摂取することが求められるのです。食事に対して制限が設けられるために、なるだけ病気に良い食品を選ぼうとするのも人情です。しかし、民間療法の中には、効き目が定かでなく、時には悪化させる物もあります。昔から西瓜は腎臓病に良いとされ、夏になると沢山西瓜を食べる患者さんも多いとのことです。しかし、西瓜の果肉そのものは、それほど腎臓病の良いという物ではないのです。果肉よりも種の方に効果的な成分が含まれているのですが、そのことが誤解されているようです。西瓜を食べても害はありませんが、腎臓病の人が大量に西瓜を食べれば、水分、糖分の摂り過ぎになり、体にむくみが出ることもあるので注意が必要です。

食塩の量を控えた食事

それでは、腎臓病の人にとって好ましい食事内容とはどのような物でしょうか。一言で言えば、極力塩分を抑えた食事です。しかし、塩分を抑えると味にメリハリが無くなり、美味しさを感じなくなる人もいます。極端に塩分を控えた料理を作ることは、個人の努力では限界があります。病気の治療と食事の板挟みになるのも苦しいことです。もし、個人で塩分濃度を抑えた料理を作るのに自身が持てないのであれば、宅配の腎臓病食を定期的に取り入れるのも、一つの手です。病人食の専門業者の作る料理は、塩分が抑えられている代わりに、ハーブや調味料を工夫して美味しい物に仕上がっています。無理なく塩分を減らして美味しい料理を楽しみたい人には、このやり方が一番です。

更年期障害を我慢しない

医療道具

更年期障害は辛いものだとされ、女性はそれを我慢しなくてもよいとしそれを解決できる方法を取り入れていく必要があります。更年期障害の解決にあたり健康食品を使うこともいいですが、症状によって医療機関を受診しましょう。

詳細を確認する

検便検査の重要性

診断内容

検便検査は、便の状態や一部の病気を発見するために大事な検査になっていますけど、そこで注意してほしいのが正しく便をとるという事です。正しく摂取しないと、うまく検査できない事があります。また、今後も検便検査は重要になってきます。

詳細を確認する

自律神経失調症の改善

看護師

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、あらゆる心身の不調が起こり得る病気です。規則正しい生活を心がけることで症状の改善が期待できるでしょう。また早期発見、解決のために病院に速やかにいくことも大切です。

詳細を確認する